南开大学汉语言文化学院

漢語言文化学院で留学生歌コンテストが行われた

 点击:897


 1118日の午後、漢語言文化学院留学生歌コンテストは八里台東方芸術大楼の逸夫ホールで行われた。今回の活動は留学生たちに注目されていて、合計22チームが初戦に出て、10チームが決勝戦に進出した。

 決勝戦で、モンゴルの選手哈留娜はピアノを弾きながら、「默」という歌でコンテストの幕を開いた。ピアノとギターのの合奏が非常に美しかった。韓国から来た李㨒护李尚炫ペアが歌った「I believe」はさらに現場を盛り上げた。古典の雰囲気を持つ「紅詞」、強いリズムを持つ「出発」、切ない感じの「時間都去哪儿了」など……これらの歌は留学生たちの汗と努力の結晶で、中国文化に対する賛美に満ちいている。最後、カザフスタンの留学生娜娜が見事に優勝した。

 コンテストの休憩時間に、南開大学学生合唱団団長の魏荟玲が現場に来て、「秋水」という歌を披露した。会場では割れるような拍手が起こった。

 留学生たちの言語、文化背景がそれぞれ違うけど、自分なりに独特な方法で歌の内容を表現した。そこから、留学生たちが中国語に対する興味、情熱さ、そして中国文化に対する愛がみられる。





Copyright© 南開大学漢語言文化学院